NYCCで発表された2019年発売のマーベルレジェンド 気になるものまとめ

今回はいつものブンドドやレビューはやめて、「ニューヨークコミコン」で発表されたマーベルレジェンドを自分用のメモとしてまとめていこうと思います。
f:id:oregac21:20181009183633j:image

まず自分が気になったのはブラックスパイダーマンとクレイヴンの2パックセットです。これはラストハントを再現した2パックなのでしょうか。ブラックスパイダーマンにはウェブショットの手パーツとダメージバージョンの素顔が付いてくるようです。

クレイヴンも前回発売したものとは表情と下半身に違いがあり、上半身の服も塗装が追加されていますね。

クレイヴンは持っていないのでこれは押さえておきたいです。

限定物でないなら米アマで買うのが良さげかも。


f:id:oregac21:20181009184015j:image

次はヒドラキャップとアーニム・ゾラの2パックです。

ヒドラキャップは細かなアーマーの造形でかなりかっこいいです。

アーニム・ゾラはビルドになって以来のレジェンド化ですね。液晶の顔の部分の造形がどのようになっているか気になります。

ヒドラキャップがかなり欲しいですが、色を変えてシビルウォーリアーとしても発売してほしいです。

これを買うとヒドラソルジャー2パックが欲しくなりますね・・・
f:id:oregac21:20181009184024j:image


f:id:oregac21:20181009184033j:image

 

エボニー・マウとコーヴァス・グレイヴもついに発表されました。

これで映画版のブラック・オーダーも揃います。

しかし、すごいクオリティですね。これは通常のアソートに含まれるのか、ビルドなのかまだわかりません。この2体は早く発売してほしいですね。

 

この他にもベータ・レイ・ビルやプロフェッサーXにシャドウキングのヘッドが付属が発表されたりしていました。他のマーベルレジェンドについては気が向いたら自分用のメモとしてまとめておこうと思います。

 

スター・ウォーズのブラックシリーズやトランスフォーマーの発表で気になるものがありましたが、今回は気になるマーベルレジェンドだけまとめました。